reading stage キノの旅 -the Beautiful World-

(2006/08/11 竹芝・ニューピアホール 1st 14:00~,2nd 19:00~)
思ったよりも時間が長かった... 15分の休憩を挟んだにしても3時間弱.
1回目が終わってから気づいたんですけど,朗読会は別に2公演連続で参加する必要がないですね.日が違えば行く価値はあると思いますけど,同じ内容の朗読を少しおいてからまた聴くっていうのは,少し違うかなと思いました.ライブと全く同じ感覚で申し込んで少し失敗です.

私の席は,一公演目がE列9番,二公演目がE列8番.ほとんど同じ場所.こういう何も考えてない配置はやめて欲しいですね.違う角度から見られればそれなりに別の楽しみ方ができるのですが,同じような場所ではね.
一公演目はガラガラという訳ではないですが,三分の一は空席状態.その中で,ほぼ最後方の席.あんまり,ファンクラブで申し込んだ意味なかったなと思いました.
会場自体が広くないのと,まぁ,目線的には見やすいので,席としてそう悪くはないんですけど,気分的にね.
ちなみに,二公演目は五分の一くらいの空席状態.理恵さんのファンクラブのイベントでチケットとれないということ言っていたけど大嘘でしたね.ちょっとやられたっていう感じでしょうか.

内容は田中理恵さんが前半二つのお話『レールの上の三人の男』『大人の国』と井上喜久子さんが後半二つのお話『嘘つき達の国』『予言の国』.
一人ですべての役の台詞をこなすところは圧巻ですね.理恵さんの方はファンクラブのCDで似た感じの企画があったので,イメージがあったのですが,喜久子さんの方はこういう感じなのは初めてだったので新鮮でしたし,迫力は凄かったです.ただ,喜っ子さん,思ったよりは声が低かったですね.もう少し高い感じかなと思っていたもので.理恵さんの後に聴いたというのもあるのでしょうかね.

ちょこちょこ噛んだり詰まったりしていた(理恵さんの方が多かったです,お二人とも何故か二公演目の方がよく噛んでました)のも生ならではの醍醐味?で,とても楽しく聴かせてもらいました.お話の内容もとても面白かったですしね.


キノの旅―The beautiful world

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック